ライザップと停滞期

ライザップ中に停滞期が・・・そうなった時の対処法は?

ライザップに通っている人はパーソナルトレーナーと一緒にダイエットに日夜励んでいるはずですが、ダイエットをしていると必ず訪れるのが停滞期です。ダイエットをすれば多かれ少なかれ、誰にでも停滞期は訪れるのです。それは、ライザップでも例外ではありません。

 

それをどのようにして乗り越えるのかは最大の壁です。自力でダイエットをしていたときは、停滞期を乗り越えることができず、そこで挫折してリバウンドしている人も多いでしょう。

 

体の移行期間でもある停滞の時期は、そのまま我慢して乗り越えれば必ず体重は減りますし、乗り越えられます。そこは我慢をするしかありません。しかし人により停滞期の期間がどの程度続くのか、それは違いがあります。2週間だけの人もいれば、1ヶ月以上も続いてしまう人もいます。

 

1ヶ月以上続けば我慢にも限界がありますし、ライザップで受けられる期間は基本2ヶ月ですから、半分をこの時期の我慢で過ごさなくてはいけないのは辛いでしょう。何より焦りますし、辛いですし我慢も限界だと思いますが、体にこれまでとは違う刺激を与えれば変化が起きることがあるので、もしライザップ新宿店に通っていて停滞してしまったと思ったら、刺激を意識してみましょう。

 

たとえば入浴時に、水とお湯を交互に浴びて刺激を与える、ダイエットをしていて無意識に油を摂取せずに控えていた人は少し解禁して刺激を与えるのも効果的です。頑張ってきたダイエットを台無しない程度に刺激を与えると効果が現れます。

 

それでも効果が見られる我慢できなくなったら、ライザップのパーソナルトレーナーに相談です。停滞する時期も踏まえてトレーニングプログラムは組んでいますので、この時期をいかに乗り越えるのかは、受けている本人以上にパーソナルトレーナーは考えてくれています。ダイエットに成功するためにも、目標体型を2ヶ月で目指すためにも、担当のパーソナルトレーナーに相談をして、どうやって乗り越えればいいのか一緒に考えてもらいましょう。(そのためのパーソナルトレーナーですから!)

 

ライザップで多くのダイエッターを見てきたトレーナーですから、実績を元に上手な回避方法も指導してくれますので、私たち入会者はそういう心配はしなくて大丈夫です。