キレマッスルの味と量について

キレマッスルの味が気になっている方へ

今、一番熱いHMBサプリと言えば『キレマッスル』ですが、やはり気になるのはその味ですよね。プロテインよりも飲みにくかったら・・・と思うと、ちょっと購入を躊躇してしまいそうです。

 

ですが安心して下さい!

 

キレマッスルの味はほぼしません!プロテインより飲みにくいなんてことは、絶対にありません!そこは保証します。

 

ただ、購入前にもう少しキレマッスルのことを知っておいた方がいいと思います。理解を深めて飲むだけでより効果を発揮できると思いますので、キレマックスの購入を検討している方は、購入前にこちらの記事をチェックしておくことをおすすめします!

 

キレマッスルを購入して後悔する前に知るべき口コミと効果

 

キレマッスルの量は何粒が適切で、味の問題はあるのか?

筋トレを成功させるためにプロテインを飲み続けているという方は多いのではないでしょうか。筋トレとプロテインの掛け合わせはたしかに有効な策であり、昔からプロの間でも定番中の定番でしたが、もはやそれは時代遅れになってきています。

 

というのも、プロテインから筋肉に代わる成分となるHMBを摂取できるのはごく僅かな量でしかなく、シェイカーで作るのに時間がかかり、なおかつ高カロリーなプロテインを飲むことは非効率的であるというのが最近の常識となっているのです。

 

キレマッスルには1,800mgものHMBが配合されており、少量のタブレットを飲むだけでプロテインの20倍もの筋力増強効果を得ることができるのです。20杯分ものプロテインに換算されるHMBをキレマッスルから摂取するために何粒のタブレットが必要なのかというと、なんとわずか6〜10粒程度。大量に何粒も飲まずに済みますし、プロテインとは違って一瞬で体内に取り込むことができますから、苦しさを感じることが一切ありません。

 

プロテインといえば味の悪さも問題点として挙げられています。ココア味やいちご味など、最近ではメーカー側も味付けに工夫を凝らしていますが、そもそもなぜ味付けが必要なのかといえばプロテインが不味いから、ということになります。しかしキレマッスルは水やぬるま湯と一緒にゴクンと飲み込むだけで済み、口の中で砕くことも、顆粒を溶かす必要もなく、味の心配を一切することなく飲めるということも大きな魅力になっています。

 

味付けのために砂糖などを使用する必要もない製品なので、余計なカロリーを同時に摂取する必要がなく、せっかく筋トレで消費したエネルギーを無駄に取り戻してしまうという問題もプロテインとは違って起こりません。脂肪を増やさず、トレーニングの成果をダイレクトに体に伝えるための補助製品として、キレマックスはこれ以上にないと言えるほど有効なサプリメントなのです。

 

キレマッスルの摂取目安量は何粒?味はどうなってるの?

芸能人やアスリートによるモニター試験で、なんと96%もの実感率を獲得したという筋肉増大サプリがある事を知っていますか?それがエイベックスビューティーメソッドが販売しているHMBサプリ「キレマッスル」です。

 

このサプリを筋トレのサポートアイテムとして摂取する事で、筋肉増大効果や脂肪燃焼効果、筋肉の分解抑制や疲労回復効果を期待する事が出来るんです。

 

1日の摂取目安量が何粒かというと6粒から10粒となっていますが、1粒あたりにこのサプリの要となるHMBが300mg配合されています。何粒飲まなければいけないという決まりはありませんが、早い効果実感を期待するならば1日10粒摂取することをお勧めします。10粒摂取すればHMBを3000mg服用するという事になり、筋トレのサポートに大きな効果を発揮するでしょう。

 

自分の理想に合わせてキレマックスを服用する量を調整するようにしてください。

 

キレマッスルは、丸い錠剤タイプとなっていて、水や白湯で噛まずに飲み込むタイプのサプリメントとなっています。粒の大きさは人によっては少し大きめと感じる事もあるかもしれませんが許容範囲です。特に海外サプリメントを服用した事のある人からしてみると、飲みやすいサイズだと言えるでしょう。

 

服用の際に注意したいのは、噛んだり味わうようにして飲まないということです。何故なら、正直味は決して美味しくはありません。カルニチンなどの成分が入っているためか、ピリっとした辛みと苦みのある味になっています。普通に水と一緒に服用する場合には、全くといっていいほど気にならないので心配しないでくださいね。

 

(あまり長く口の中に留めておくと、辛みや苦にが広がってしまうので出来るだけ素早く流し込むのがコツです。)

 

錠剤タイプですから、よくあるプロテインドリンクよりもずっと飲みやすくお勧めです。トレーニング前に摂取してもお腹が水分でタプタプになるなんて事もありません。これからの筋トレには、プロテインではなくHMB配合のアイテムが注目をされるでしょう。

 

気になる味や量は?何粒必要?プロテインより便利なキレマッスル!

筋肉が綺麗に付いた身体を手に入れるためのサポートに役立つサプリメントであるキレマッスルは、HMBの配合量が業界でもトップクラスであることから注目を集めています。HMBという代謝物質は必須アミノ酸のロイシンが分解されることで生成される成分であり、筋肉を付けるために欠かすことができないものとなっています。

 

一昔前までは筋トレのお供といえばプロテインでしたが、このプロテインからロイシンを摂取してHMBが作られる過程を省略できるのがHMBサプリメントです。実はプロテインから摂取したロイシンは約5%ほどしかHMBに変化をしません。しかも1日に必要となってくるHMBは3gとなっており、プロテイン20杯分とあまり現実的に飲める量ではなくなってしまいます。

 

もちろんプロテインにはタンパク質やビタミン、ミネラルなど他に豊富な栄養素が含まれていますし、腹持ちもいいというメリットがあることから食事代わりに摂れるというのがいい点でしょう。しかし、味が好みに合わなかった作るのに手間がかかってしまうという問題があり、また、お腹が空いていないタイミングで飲むのはなかなか苦労します。

 

そんな時には役に立つのが簡単に飲めて胃腸にも負担にならないキレマックスのようなタブレット状のHMBサプリメントです。

 

キレマッスルは、噛まずに飲み込むことが推奨されているため味を気にせずに水と共に手軽に摂取することが可能です。噛んでしまうと苦い味が口の中に広がりますから注意をしてください。

 

何粒必要かという点ですが、摂取量は1日6粒程度から最大10粒が目安になります。6粒で1800mg、10粒で3000mgものHMBが摂取できますのでプロテインよりも効率よく摂り入れられますし、しかも摂取カロリーは70kcalから100kcal弱と非常に少ないものになっていますから、筋トレをしながらダイエットも行いたいかたには最適です。

 

サプリメントですから、持ち運びが便利なのも嬉しいところですし、手間をかけずに気軽に飲むことができます。何粒摂取しようか迷ったら6粒から始め、筋肉の付きかたを見ながら調整していくのがおすすめです。